こころが喜び地球が喜ぶバーベキュー場

Barbecue field heart rejoice joy Earth

URBAN EARTH BBQは”こころが喜び地球が喜ぶバーベキュー場”をテーマに、公園や商業施設でバーベキュー場の管理・運営を行っております。
また、未来に希望を持ち、笑顔で過ごす事の出来る社会の実現に寄与するため、社会貢献活動に積極的に取り組み、
森林保全支援、脱プラスチック運動等、バーベキュー場の運営を通した環境問題の解決にも真摯に取り組んでおります。
URBAN EARTH BBQは「人も地球も笑顔になる、そんな持続可能なアウトドア施設の運営」を目的にサービスを行っております。

私たちの取り組み

Our approach

森林保全活動

間伐材を木炭に。持続可能な森林保全の循環。
URBAN EARTH BBQの一部店舗には森林保全活動の一環として生まれた間伐材を使用した木炭『LOHASumi』を使用しています。
『LOHASumi』は高い技術力をもつ炭職人が作る、完全に炭化しきった高品質な木炭です。関西の森林で間伐した木材を原料としており、こうして作られた木炭を利用することで生まれた利益は森林保全(間伐)に還元され、持続可能な森林保全の循環を生む活動へと繋がります。URBAN EARTH BBQをご利用いただくことで、森林保全に還元されていきます。

LOHAsumi
脱プラスチック活動

脱プラスチック

プラスチックは自然分解されずに半永久的に残ってしまうという特徴がある。海の汚染物質を吸収してしまうなどの科学的被害、海中の魚がポイ捨てされたプラスチックを食べてしまう物理的被害など自然環境にとって良くないことが目に見えないところで起きてしまっています。
プラスチック製品(お皿、お箸、コップ等)の使用を極力控え、土に還りやすい素材のものを使用しています。

サンゴ礁植樹

サンゴ礁の危機的状況は様々な環境の変化に起因することが大きい。私たちがサンゴを植樹することで現状が回復することは難しいかもしれません。意味がないからと言ってやらないのではなく、0.1%でも回復するのであれば行動に移し続けます。そして、サンゴの植樹の大事さを訴え続けることでサンゴ礁の重要性や自然環境の大切に気付くきっかけになればと願っています。

サンゴ礁植樹
地方創生

地方創生

数ある地方創生のジャンルの中で私たちは「観光」に力を入れています。観光が充実することでインバウンド客などが増えるなどアウトドアと絡めた施策を行い、地方に人を呼べる仕組みを作っています。地方それぞれの観光資源を最大限に活かしつつ、留学生や外国人スタッフを積極的に採用し、外国人目線でのインバウンド対策を行っています。